過剰最適化はGoogleのペナルティの理由になるのでしょうか? –セマルトが答えを与える

Semaltの専門家であるNik Chaykovskiyは、過剰最適化は検索エンジン最適化中の「ホワイトハット」SEO戦略の過剰使用として説明できると述べています。他の検索エンジンよりも高度なアルゴリズムを備えているため、過剰最適化は通常Googleに関連しています。 YahooやMSNなどの他の検索エンジンに最適化の過剰に対するペナルティがあるかどうかは不明です。ページが適切に最適化されていると見なされるには、キーワードリッチヘッダー、altタグ、説明タグ、メタキーワードと説明タグ、タイトルタグ、および他のページへのいくつかの関連リンクの標準コンポーネントが必要です。ページのURLまたはファイル名にもキーワードが必要です。ただし、これらの戦術の使用には制限があります。たとえば、上記のすべてのコンポーネントにキーワードを繰り返し使用したり、非表示のテキストを使用したりしないでください。テキストはすべて肉眼で見えるはずです。

ページの最適化中に避けるべきことは何ですか?

Googleなどの検索エンジンは、すべてのレベルのスパムを検出できる場合があります。過剰最適化がどの程度拡張されるかは明確ではありませんが、以下の要因は、過剰最適化ペナルティの原因に関して想定される可能性を示しています。

変更されたテキストの乱用。変更されたテキストは、太字のH1タグ、および最適化中の用語の下線を指します。検索エンジン最適化エキスパート(SEO)は、修正されたテキストを使用して、ターゲットキーワードの結果を最大化します。ただし、示されたキーワードがこれらすべての方法で変更された場合。つまり、太字、下線付き、H1の場合、キーワードの繰り返しが原因で、最適化が過剰と見なされる可能性があります。

非常に高密度のキーワードテキスト。 Googleは、テキスト全体と比較してキーワード密度を評価します。したがって、ページにテキスト全体よりも高い反復キーワードがある場合、平均的な要件を満たさないため、フラグが立てられる可能性があります。このページはサイトとうまく統合されている可能性がありますが、Webスパイダーの出入り口と誤解される可能性があるため、フラグが付けられている可能性があります。このような出入り口は、Googleからのサイトの全面的な禁止につながる可能性があります。

オフページ要素が多すぎます。この理論は変更されたテキストの仮定に似ていますが、この場合、ページ外の要素は着信リンクを参照します。着信リンクが多すぎるとキーワードが繰り返される可能性があり、これもまた、サイトがGoogleによってフラグが付けられる可能性があります。

過剰最適化はありますか?

最適化を過度に行うと、Google、MSN、Yahooなどの検索エンジンによって禁止または罰せられることさえありますか?いいえ。ウェブサイトを適切に最適化するには、コンテンツを検索エンジンと訪問者に可能な限り最適に表示する必要があります。キーワードや他のSEOトリックの繰り返しや多用は、実際には、ページが適切に最適化されなかったことを意味します。ページが適切に最適化されている場合、過剰に最適化することはできません。ページを最適化するときは、キーワードの密度、使用する言語、リンクするサイトの種類、サイトにリンクしているユーザーなどの要素を考慮することが不可欠です。